癒し

ジェルネイルの持ち

サロンでしてもらうジェルネイルは、自分にお金をかけているという満足感やクオリティーの高い仕上がりに満足感を得られたりしますね。
私も3か月〜4カ月に一度は、そうした満足感を得たくなってサロンに通っています。
ジェルネイルの持ちは大体4週間ほどなので、3か月〜4カ月に一度のサロンでは次のサロンまでジェルネイルは持ちません。
でも、毎月サロンに通って居たらかなり高額な出費になってしまいます。

そんな理由で、私はセルフジェルネイルを始めました。
自分でジェルネイルって難しそうだし、色々なグッズが必要で大変そうに感じますよね。
でも全然大丈夫なんです。

 

基本として必用な物は、ネイルの前に爪を整える物として、エメリーボード、バッファー、プッシャー。
ジェルをするために使用する物として、LEDライトかUVライト、ジェル用の筆、クリアジェル、カラージェル、プレプライマー、クレンザー、ワイプ。
ジェルを落とすために使用する物として、荒めのファイル、ジェルリムーバー、コットン、アルミホイル。
ジェルを落とした後のケアとして、ネイル用オイル。
トップページ

 

必要な道具はさまざま

 

こうして挙げてみると、結構な物が必要じゃないの、と思ってしまうかも知れませんね。
ですが、最近のジェルは機能が高くなっているため、爪とジェルをしっかり密着させる為に使用するプライマーが不要なジェルが殆どなのでプライマーは省けます。
他にも、クレンザーはジェルを塗る前に爪の表面に残った油分を除去したり、ジェルを重ね塗りする際と仕上げの未硬化ジェルの拭き取りに使用する物ですが、これは薬局で販売しているエタノールで代用可能です。
ワイプはスポンジのような物なのですが、キッチンペーパーで代用可能ですし、100均で纏めて売っているスポンジでも代用可能です。

 

ジェルの種類によっては、ポリッシュ型で未硬化ジェルの拭き取り不要だったり、剥がれるジェルネイルも販売されています。
1本1,000円程度なので、筆やクレンザー要らずで経済的ですしポリッシュ型なので抵抗なく塗りやすいのも特徴です。
最近はカラーも豊富に揃っているので、ポリッシュ型のジェルだけでも可愛いアートが楽しめます。
ですから、最低限必要な物としてエメリーボード(爪ヤスリ)・バッファー・甘皮用のプッシャー・ライト・エタノール・キッチンペーパー・荒めのファイル・ジェルリムーバー・コットン・アルミホイル、この10点があればジェルネイルを楽しめる訳ですね。
思ったよりも手軽な物で代用可能な物があって、意外ですよね。
ジェルネイルはセルフでも充分に楽しめますよ。